特集

CREATOR’S SELECT

2021.11.01 (月)

SHARE:

グラフィックデザイナーからミュージシャンまで、個性溢れる国内外のクリエイターの選ぶギフトは、カルチャー好きなあの人の心をグッと掴むはず!

クリエイターの作品集などもご購入いただけます。ぜひご覧ください!https://hasamiyaki.jp/store-backend/wordpress/wp-admin/media-upload.php?post_id=12042&type=image&TB_iframe=1

マルヒロのアートサイト「KILLTIME」のデザインを手がけたアートディレクター/グラフィックデザイナー。
1985年生まれ。グラフィックデザインから映像、プロダクトデザイン、デジタルクリエイションまで、多岐にわたるプロジェクトに参加し2015年同社より独立。
クリエイティブアソシエーション「CEKAI」に所属し、アートディレクション、グラフィックデザインだけでなく、デジタル領域やプロダクト、映像、空間演出など幅広い分野でクリエイションをしている。

ARTIST SUSHIYUNOMIでコラボした、抽象的なペイントが印象的なアーティストのYamase Mayumi。抽象的なペインティングとソフトスカルプチャーを主に、相対するリアリティ(肉体)と目に見えないファンタジーや想像をコンセプトに制作している。

2020年創刊、ポートランドの現代アートやカルチャーシーンを捉えた雑誌「JOON Magazine」を手がけるデザイン集団FISKの創設者ビジャン・ベラヒミ。
イラン系アメリカ人のデザイナーで、アメリカ・オレゴン州ポートランドにあるクリエイティブスタジオ&ギャラリー「FISK」の創設者。
ビジャンは遊び心のあるオープンな考え方でグラフィックデザインに取り組んでいて、その実践は幅広い民族性、人々の声や背景を擁護し、地域社会やグローバルなコミュニティとの対話の中で行われている。

メロウすぎるにもほどがある©Lovers Rock Reggae Singerのasuka ando。現在は音楽制作のかたわら、NONCHELEEEをはじめアーティスト、デザイナー、そして+αなクリエイターたちとのコラボレート商品の企画にも夢中。止まらない妄想でたくさんのシミュレーション付きギフトを提案。asuka andoワールドをぜひご堪能あれ。


この記事をシェアする

今月のおすすめ記事