特集

CAT ITEM

2022.02.14 (月)

SHARE:

モフモフでふわふわ、背中におひさまの香りをまとった中毒性の高い4本足のあの子。
我が道を行くのに甘えん坊なところがたまらないのです!

2月22日は、にゃんにゃんにゃんで「猫の日」。

「猫と一緒に暮らせる幸せに感謝し、猫とともにこの喜びをかみしめる記念日を」という趣旨で1987年に日本で制定されたそうです。

そんな猫にまつわるアイテムを集めてみました。

Food bowl & Water bowl & Food mat

ペットも家族。お揃いの食器を使いたい。
見た目も重要で、インテリアに合う洗練されたデザインがいい。
ずっと健康でいてほしいから、ストレスなくモリモリご飯を食べられるよう機能的で使いやすく、衛生面にも配慮されたものがいい。

そんな、愛する猫の為に作った波佐見焼のペット食器です。

この商品の売り上げの5%は犬・猫の殺処分率ワースト常連県の長崎県で活動する、保護犬・猫の民間団体へ寄付されます。

機能性にもこだわりましたが、出しっぱなしのペット食器だからこそインテリアとしても見た目よく作りました。
詳しくは下記特集ページをご覧ください!

フードマットを合わせて使えば、シリコン製のマットが滑り止めに。こぼれたフードやよだれもキャッチしてくれます。
福岡県久留米で作られる国産のシリコンマットで、インテリアや食器に合わせやすい3色展開。今年で残念ながら廃番になってしまうのでお早めにどうぞ!

水にはフードやホコリが入って雑菌が湧きやすいもの。
水の状態を確認しやすいよう、ウォーターボウルのカラーはホワイトのみになります。

Iroe / Exotic shorthair

<色絵>は、繊細できらびやかな古伊万里の中でも、最も優美といわれる延宝時代の色合いと様式をベースに現代のペットと伝統的な文様を組み合わせたシリーズです。

中でもエキゾチックショートヘアの柄は、「樹花文」の中に厄除けを意味する虎に替わり、眼光鋭い猫に。家の守り神として見張ってくれています。

エキゾチックショートヘアは、1960年代「グルーミングの手間がかからない短毛のペルシャ猫を飼いたい」という要望が高まり、ペルシャ猫を基礎に短毛の猫やアメリカンショートヘアと交配させて誕生したのがエキゾチックショートヘアといわれています。

手のひらに乗る小さな小鉢。菊形と呼ばれる花形の形がとても可愛らしい器です。
こちらは今年で残念ながら廃番になってしまうので気になる方は要チェック。

【特集】かおたんの波佐見焼と僕の甘酸っぱい毎日希望。
第3回 「夏の思い出と硝子の水面」

カップとしてはもちろん、デザートを入れたり小鉢として使用したりと用途はさまざまです。
ギフトにも人気の商品です。

Fuepoo

竹内俊太郎氏が素焼きの焼き物にアクリル絵の具でペイントした一点ものの作品です。 様々なネコ科動物をモチーフにした笛型オブジェ。飾ってお楽しみください。

Nekosama / Vase

本物の猫ほどのサイズ感。シンプルな黒い釉薬は様々な植物と相性がよく、部屋のインテリアとも合わせやすい色合いです。放って置けないその存在感は猫様だからこそ。花瓶やオブジェに、ご自宅に一匹いかがでしょうか?

洋室にも、和室にもよく似合うしっとりと優美な佇まい。

【特集ページ】Meets Vintage pieces

Oem products / Cat motif

マルヒロでは自社のオリジナルブランドの他に、企業・ブランド・飲食店・アーティスト・デザイナー・インテリアショップ・ミュージシャンなど国内外の様々なジャンルで活躍する方々とコラボして商品や作品などを作っています!

今回は猫モチーフのプロダクトを2つご紹介します。

【特集ページ】OEM PRODUCTS

TENSHA STICKER CRAFTKITS

波佐見焼の技法のひとつ「上絵転写」を、ご自宅で体験できます。あらかじめ絵柄の印刷された転写ステッカーをプレートに貼り付け、飾り皿をお作りいただけるキットです。マルヒロの大人気イベント「転写シールワークショップ」をご自宅でお楽しみいただけます!

バラエティー豊かなステッカー全30種類の中から好きなものを選んで、「世界にひとつだけ」の飾り皿を作りましょう!
ステッカーの中には猫も登場しますよ!

特集商品一覧


この記事をシェアする

今月のおすすめ記事