特集

一度は食べてみたい!映画ごはん

2021.07.30 (金)

SHARE:

映画やアニメを見ていると、おいしそうなごはんやおやつが出てくること、よくありますよね。
素朴だけどおいしさが画面越しに伝わってくる映像だったり、異国の珍しいごはんに好奇心がそそられたり。

あの映画ごはん、どうしても食べてみたかったのでマルヒロの食器に盛り付けて再現してみました!

映画のシーンに浸りながら、みなさんも一緒にお楽しみ下さいね!

ハワイ島の小さな町ホノカアが舞台。岡田将生演じるレオがホノカアの映画館で映画技師として働くことになり、そこに暮らす人々との人間模様が描かれています。

ビーさん(倍賞千恵子)がレオのために料理を毎日作ることになるのですが、ビーさんが作る料理のどれもが美味しそうなのです!

ビーさんが手間をかけてつくる「サワークリーム仕立てのロールキャベツ」は、とても美味しそう。

挽肉、ソーセージ、チーズ、玉ねぎ、ごはんが入っており、満腹の一品です。

BARBAR mandala リム鉢は深さがあるため、スープ系のお料理にピッタリです。

失恋したエリザベスが、NYの街角にあるカフェに入り、そのカフェで売れ残ってしまった「ブルーベリーパイ」を食べるシーンが記憶に残っている方も多いのでは?

映画を観た後にブルーベリージャムがたっぷり入っているブルーベリーパイを食べたくなります。

エリザベスが旅を通して様々な人に出会い、前を向いて人生を歩こうとする姿に元気をもらえる映画です。

『MY BLUEBERRY NIGHTS』のブルーベリーパイを盛り付けるお皿に、BARBAR ボンフラワー プレートを使用しました。直径18cmのプレートはケーキを盛り付けるのにぴったりのサイズ感です。

次回の「一度は食べてみたい!映画ごはん」では、『Julie&Julia』に出てくるブルスケッタとポーチドエッグ、『ルパン3世 カリオストロの城』に出てくる「ミートボールパスタ」を再現します!次回もぜひご覧くださいね!

Food by : えん

特集商品一覧


この記事をシェアする

今月のおすすめ記事