メーカー

マルヒロ

長崎県、波佐見焼(はさみやき)の企画や卸販売をしております。オリジナルの陶磁器ブランドHASAMI・馬場商店・ものはらを運営しています。


「HASAMI」とは長崎県波佐見町から発信する、波佐見焼の陶磁器のブランドです。

波佐見は長い間、有田の下請け産地であったため、その名はあまり知られていませんでした。量産を得意とする波佐見焼は、成形、型起こし、釉薬、窯焼きとそれぞれに作業を発注する分業体制をとっています。多くの人が連携して関わるこの体制は、新商品の開発に多額の費用と時間がかかること、また各作業工程での意思疎通の問題を抱えています。しかしその反面、各分野の高い技術力と効率的な生産体制を育んできました。

「HASAMI」は分業の垣根をこえ、産地としての誇りを胸に、”道具”としての陶磁器を作ります。使われるためにあり、よく使い込まれ、そして使い古される。言葉にはできない不思議な力をもった、そんな愛される”道具”を作りたいのです。

HASAMIのシリーズ

HASAMIのおすすめ商品


馬場商店の陶磁器は、長崎県波佐見町と佐賀県有田町で作られています。隣接する二つの県は、その昔「肥前国」と呼ばれた一つの国でした。 肥前国で焼かれていた磁器は“伊万里焼”や“肥前磁器”と呼ばれており、400年もの間、窯の火を絶やさずに守り続けてきた長い歴史の中で固有の伝統と技術を育んできました。

私たちは日本や産地の伝統と向き合い、技術の知識を高め、現代の文化との関わりを考えながら私たちのフィルターを通した「和」を提案しています。

馬場商店のシリーズ

馬場商店のおすすめ商品


登り窯のそばにある、焼き損ないの製品を捨てる場所のことを「ものはら」と言います。長い年月を経た「ものはら」には焼き物の”地層”ができ、積み重ねられた歴史と伝統技術の上に「今」があるという事を一目で伝えてくれます。

波佐見焼の歴史は「ものはら」の発掘により解明されました。400年前、一つの小さな窯に始まり、世界に類を見ないほどの巨大な登り窯を築きあげそして、日用食器の一大生産地となっていきました。今日もなお、日本有数の焼き物産地として生き続ける波佐見焼には時流に乗る柔軟性と、たくましさがあります。

伝統産業を引き継ぐ私たちが目指すのは国やジャンルを超えたものづくりをすること。世界中の人に波佐見焼を使ってもらうこと。先人達が残していったタイムカプセルを開き自分たちの手で、新たな地層を積み重ねていきたいと思っています。

ものはらのシリーズ

ものはらのおすすめ商品

直営店の写真撮影:太田拓実


このページをシェアする