マルヒロ

Maruhiro

昭和32年、露天商に始まったマルヒロは、長崎県の工芸品「波佐見焼(はさみやき)」の食器やインテリア雑貨を企画している、工場を持たない陶磁器メーカーです。

波佐見焼は生産工程ごとに会社が分かれる 「分業制」で作られていて、その中でマルヒロは、デザインした商品を各工程の職人さんへお願いする “プロデューサー”のような役割と、出来上がった商品を流通させる“商社”の役割をしています!

土から始まり、一つの商品になるまでたくさんの人々が関わる波佐見焼は、400年以上に渡り受け継がれてきました。そしてこの先もずっと続いていくように、楽しい産地の会社でありたいと思っています。

Photo / Takumi Ota


「HASAMI」とは長崎県波佐見町から発信する、波佐見焼の陶磁器のブランドです。

波佐見は長い間、有田の下請け産地であったため、その名はあまり知られていませんでした。量産を得意とする波佐見焼は、成形、型起こし、釉薬、窯焼きとそれぞれに作業を発注する分業体制をとっています。多くの人が連携して関わるこの体制は、新商品の開発に多額の費用と時間がかかること、また各作業工程での意思疎通の問題を抱えています。しかしその反面、各分野の高い技術力と効率的な生産体制を育んできました。

「HASAMI」は分業の垣根をこえ、産地としての誇りを胸に、”道具”としての陶磁器を作ります。使われるためにあり、よく使い込まれ、そして使い古される。言葉にはできない不思議な力をもった、そんな愛される”道具”を作りたいのです。


,發里鼎りの現場で培われてきた技術

∋代を超えても変わらない魅力

自由で枠にとらわれないアイデア

3つをグニグニとこね合わせて

自分達がかっこいいと思うもの、気持ちが高揚し、ワクワクするものを陶磁器の産地、長崎県波佐見町から発信します。


登り窯のそばにある、焼き損ないの製品を捨てる場所のことを「ものはら」と言います。長い年月を経た「ものはら」には焼き物の”地層”ができ、積み重ねられた歴史と伝統技術の上に「今」があるという事を一目で伝えてくれます。

波佐見焼の歴史は「ものはら」の発掘により解明されました。400年前、一つの小さな窯に始まり、世界に類を見ないほどの巨大な登り窯を築きあげそして、日用食器の一大生産地となっていきました。今日もなお、日本有数の焼き物産地として生き続ける波佐見焼には時流に乗る柔軟性と、たくましさがあります。

伝統産業を引き継ぐ私たちが目指すのは国やジャンルを超えたものづくりをすること。世界中の人に波佐見焼を使ってもらうこと。先人達が残していったタイムカプセルを開き自分たちの手で、新たな地層を積み重ねていきたいと思っています。


ミステリーサークルは、生産工程において現状規格ではB級と判定され商品化されない物や、製造工程での産廃物とされる様な端材資源にさまざまな分野の智慧を用いて付加価値を加え、”B級判定”を豊かに超える”S級品”を生み出すプロジェクトです。

同じ価値観のメーカーが協同し、同じ価値観の市場に提案するその(環(わ))の広がりを、生産者や生産地域と共に目指します。