特集

赤ちゃんと家族の「ごはんたいむ」

2019.02.13 (水)

SHARE:

お子さんの離乳食期が始まり、スプーンを使ってごはんを口にする姿を見ると、成長を実感できとてもうれしくなりますよね。

そんな赤ちゃんの「食べる」の大切な最初の一歩には、こだわりの食器を使わせてあげたい。

「陶磁器は割れてしまうのでは?」とご心配される親御さんもいるかもしれません。
大丈夫です!マルヒロにはカラフルで丈夫なつくりの器がたくさんあります。

小さなころから陶磁器の手触りをお子さんにも感じてほしいお母さんたちに、
「赤ちゃんと楽しめる器」をご紹介〜!

「さぁ、今日は何を作ろう?
 栄養たっぷりの野菜をつかおうかな」

「いただきまーす!」

「ん〜!おいしい〜!!!」

もぐもぐごっくん碗(写真左)は、底が広く程よい重さがあるため、とても安定感があるボウルです。

また、お椀の内側には「返し」があり、スプーンですくいあげた食べ物が外にこぼれにくくなっています。

お子さまの「たべる」の練習にちょうどいいボウルですね!

磁器は食べものの臭い移りがしにくいため、洗いやすく清潔な状態を保ちやすい器です。
そのため、安心してお子さんに使っていただけます!

もぐもぐごっくんシリーズの仕切り皿もお子さまの「たべる」の練習にピッタリ!

程よい重さと安定感のある形に加え、プレートの両側には取っ手があるため、お子さんが自分でお皿を持って食べることができます。

また主菜から副菜、さらにはデザートまで一つのプレートに盛り付けることができるので、忙しい朝の時間でも手軽にワンプレートを用意することができますよ〜!

SEASON1のブロックマグリトルはワンプレートのココットとしてお使いいただけます。
副菜を盛り付けたり、シロップやヨーグルト、ゼリーなどデザートを入れたりと、幅広く活躍してくれる器です。

生まれてから「赤、黄、緑、青」の順番に認識されるといわれている色。
カラフルな器は色に対する感受性を育み、ごはんの時間を元気で楽しい気分にさせてくれます。

食べたらきちんと片付けまで。
器をお子さんと一緒に使うことで、「食べることから片付けまで」を教えることができます。

また「落としたら割れてしまうから大切に使おうね」と声をかけてあげれば、物を大切にする心を育むことが。

お子さんの成長に寄り添いながらごはんの時間を過ごすことができますね。

食事が一段落したら、コーヒータイム。

SEASON1のブロックマグはカラーバリエーション豊富で、まるでおもちゃのブロックのように組み合わせて楽しんでいただけます。

スタッキングもできるので、たくさん集めても食器棚の中にコンパクトに収納できますね!
カラフルな見た目はインテリアにもGOOD!

コーヒーのお供にちょっとしたフルーツはいかが?

SEASON1のブロックボウルリトルはスタッキングできる小鉢サイズのボウルです。
3時のおやつにクッキーを入れたり、ちょっとしたおかずを盛り付けたりとさまざまな使い方ができる優れもの。

ティーバッグやドリップコーヒーを入れる際のトレイとしても使えて便利です。

マルヒロの器はお子さんが大きくなっても使える食器。

お子さんの毎日の食器として、また赤ちゃんが初めて食器を使う日の記念の器としてもおススメです。
出産祝いの贈り物としても喜ばれるでしょう。

マルヒロの器と一緒に、楽しくワクワクするごはんの時間をお子さんと一緒に過ごしてみてはいかがですか?

写真:UKAWA PHOTO&DESIGN

特集商品一覧


この記事をシェアする